コンテンツ

茂山会計事務所

当事務所が相続に強い理由

税理士は税務の専門家です。

しかし、税理士の業務は多岐に渡り、当然税理士によって専門分野や得意分野が異なったりします。
当事務所の代表税理士は、相続の実績も豊富で、相続人が納得するまで税務当局と粘り強く折衝するなど、相続問題のサポートを得意としております。
また、相続では土地や家屋といった不動産が絡んだご相談も多いのですが、不動産鑑定士と連携した土地評価や、二次相続まで視野に入れた遺産分割を積極的に行っており、相続の円満解決を日々目指しております。
親戚間や家族間で相続のトラブルが発生する前に、当事務所までお気軽にご相談下さい。

相続を円満に解決するためには生前対策が有効的です!

相続を円満に解決するためには生前対策が有効的です!

相続のトラブルと言うと、多額の遺産を巡って一族が争っている、といったドラマのイメージを持たれている方も多いと思います。
しかし、実際の相続のトラブルにおいては、遺産金額が多い資産家に限っての事ではありません
むしろ、一般的には遺産総額が2,000万円程度というのが、相続において最もトラブルが起きやすいと言われています。
例えば、住んでいる家屋にはほとんど価値は無いものの、土地だけで2,000万円の価値がある、といったケースは、ご相談としてもよくあります。
こういった不動産の相続では、相続する立場によって不動産評価への解釈が異なる場合が多く、それに伴ってトラブルに発展しやすいのです。
誰も得をしない、家族間でのトラブルを避けるためにも、相続の生前対策を必ず行いましょう。

代表税理士プロフィール

代表税理士プロフィール
昭和63年 同志社大学商学部 卒業
平成元年 家業(鉄工所)の経理
平成3年 会計事務所勤務
平成5年 税理士登録(No.78022)
平成8年 独立開業
平成15年 ファイナンシャルプランナ-認定(No.40747795)
ライフコンサルタント認定(No.300099028)
平成25年 経営革新等支援機関認定(20130528近畿第78号 近財金1第241号)

トピックス・ニュース

ブログ